2004年09月02日

誰も知らない

★★★★★ 公式サイト

*あらすじ*
とあるアパートに引っ越してきた母子家庭。いや、母子家庭でしかも父親の違う子供が4人もいるなんて、大家には内緒。子供たちは学校にも行かせてもらえないどころか、長男・明(柳楽優弥)を除いて、外出も禁じられている。

ある日、奔放な母親(YOU)は「しばらく帰らない」との置き手紙を残し、家を出て行ってしまう。男ができたのだ。
4人での暮らしを守るべく、明の苦難の日々が始まる…

*評*
もう脱帽です。
無駄なシーンがひとつもない。
登場人物の心情が手に取るようにわかって、ぐいぐい引き込まれる。

カンヌで最優秀男優賞を取った柳楽優弥くんの演技もすごいけど、そう演技させ、そう撮った是枝監督はもっとすごい。
ブラボー!
posted by いね at 01:42| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

”無駄なシーンがひとつもない。”

というのがすごく同感だったのでTBさせてもらいました。
無駄に見えない主題が先に提示されちゃってるので、私は余計にそう思えました。
監督ブラボー、でもまあともかく話題性も含め、
柳楽君に脱帽、でした。
Posted by ファイ at 2004年09月07日 02:51
ファイさん、はじめまして。
コメント&トラバありがとうございます。

柳楽くんの目の変化にも吸い込まれましたが、
うちは長い時間をかけて子供たちをこんなに素晴らしく撮った監督を、心から尊敬してしまいました。

元ネタそのままではなく、事実をほんのり丸めて、殺伐としたやりきれなさを残さないようにしたのも、すごいなあと思います。
Posted by いね at 2004年09月07日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『誰も知らない』 変わり行く目が語るもの
Excerpt: 『誰も知らない』 見てきました。 出きるだけネタばれにならない範囲で感想を。 --------- 映画は、どんな絵作りをしようとも、最初に全編を貫く葛藤や命題が 提示されていると、全てのカットに..
Weblog: 日々修行、日々発見
Tracked: 2004-09-07 02:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。