2004年10月06日

発見!「ユウキロックの毒針日記」

ハリガネロック松口さんのブログがなんとSeesaaに開設されてるのを発見!いつの間に?なんでlivedoorなどでなくSeesaa?

オンエアバトル等でハリガネロックを見かけると、高校の頃を思い出すねん。
すんげ〜!BEST10にハマってた頃。ネタ指向の番組の全盛期。
あの頃のお笑い番組、ホンマにおもろかった〜。ユニットコントめちゃ楽しそうやった。

そのうち風潮が企画で笑わす指向に変わってきて、おもろなくなった。
オンエアバトルも東京の芸人さんばっかりやから、あんまり笑えないし。

なんか今売れてる芸人さんって、個性がないなあと思うねん。
いっぱい賞取ってるコンビも、他のコンビとしゃべりのどこが違うのん?って感じ。
その点、松口さんの弾丸トークは、群を抜いていると思うわけですよ。引きつけられるもん!

昔ケンコバとコンビ組んではったなあ。
何の収録でフランス行ってはるのか知らんけど、東京でも頑張って欲しいなあ。
こっそりトラバ送ってみよっと。ドキドキ
続きを読む
posted by いね at 23:31| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

さよなら、クロ

(個人的思い入れが強いため採点不可)公式ページ

*あらすじ*
とある高校にひょっこり現れ、そのまま居ついてしまった黒いワンコ。「クロ」と名付けられたその犬は、職員会議から校内巡回までこなし、職員名簿にも載ってしまうほど、生徒や教師たちにとって大きい存在になっていた。

恋に浮かれていた時、突然の別れに傷ついた時、心にモヤモヤを抱えていた時、クロはいつもそこにいた。
長野県の松本深志高校に実在した犬の話をもとに、生徒たちの心の交流や成長を描いた感動作。


*個人的感想1*

長野のばあちゃんちは15匹も犬を飼ってたけど、その中でもクロは特別やった。
漆黒の毛並みにまっすぐな目。たたずまいは静かで決して吠えず、においもどことなく上品やった。

彼女は、うちが生まれる前からその家にいた。
毎年お盆に母に付いて帰省すると、店先のクロがいつも最初に迎えてくれた。
うちが大学生になったある年、いつものように帰省すると、クロはもういなかった。

松本深志高校のクロは、ばあちゃんちのクロの親戚やと思う。地理的に近いし。
映画のクロも、親戚やと思う。なんとなく。顔は違うけど毛並みと目つきがそっくり。
湯田中行きの長電と、のびのび広がる山、山、畑。こんな景色をクロと散歩した。

そうや、うち、まだクロにちゃんとお別れ言えてなかったんや。
さよなら、クロ。あの家に飼われて幸せやったやろ?

続きを読む
posted by いね at 16:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。